第2回東京国際武術節は、1964年東京五輪の舞台となった伝統ある「駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場」で開催されます。

この屋内球技場は2017年7月に改装され、時代の変化に合わせて機能を向上させるとともに、ひときわ目を引くシンボリックなアーチ構造の施設となっています。下の会場内写真はイメージです。